yms

屋久島・海川ブログ

2005/5

怒濤のはずのGWもそこそこノンビリムードのまま終了いたしました。特に事故やトラブルも無く無事に過ごせたのも参加いただいた皆様のご協力あってこそと、感謝感謝でございます。 さて、GWからの海洋情報です。 今年のGWは序盤こそ19度の潮...
屋久島・海川ブログ

2005/4

前回の情報からはや3週間。多少は水温の上がった情報をお送りできるかと思っていましたが、結局ポイントによってバラつきが大きく、単純に「あったかいですよ!」と言い切れないのがつらいところ。 降雨の影響もあるかもしれませんが、いまだ冷たいところ...
屋久島・海川ブログ

2005/3

さーて、今月ももう仕舞いというところでやっと久々の海洋情報です。水温は19~20度。透明度は10~20mとポイントによりバラつきが激しいです。相変わらずウミガメは高確率、大物マダラトビエイとの遭遇はボツボツと続いております。くわえてたま~~...
屋久島・海川ブログ

2005/2

雨の中、ちょっと濁りの影響を受けながらの体験ダイビングでした。 水温は何をどう間違ったか21~22度。透視度は残念ながらの8~10M。いつもいる魚たちは流入した濁りから来る細かい堆積物に閉口している様子。ちょっと前の大雨がこんなところに影...
屋久島・海川ブログ

2001/1

2001/01/04 01:34今日は原で潜りました。ギンガメアジの群れは、いつもより10数mほど奥に居ましたが、ご機嫌はとてもいいようで、写真をとっていると、近すぎてピントが合わないほど寄ってきて私達の周りをぐるぐる回ってくれました。ウメ...
屋久島・海川ブログ

2000/12

2000年最後の海況は水温21℃前後、透明度20m前後です。原のギンガメアジは、少し深めの岩の隙間に移動しています。近くで、じっと待っていると、ダイバーのほうによってきます。岩の亀裂から、湧き出してくるギンガメアジの群れは、すごくきれいです...
屋久島・海川ブログ

2000/9

00/09/11 水温28℃。透明度は15~30m前後。麦生では、数百から一千にも及ぶツムブリの大群やイソマグロが、原では、ギンガメアジの大群や、大型のハタ、アオブダイなどが確認できています。ツムブリは、数分間に渡って、我々の周りを回...
屋久島・海川ブログ

2000/8

水温27~28℃。透明度は15~30m前後。麦生では相変わらずフリソデエビが数多く観察できています。回遊魚もツムブリ、ギンガメアジ、ロウニンアジ などに加え、イトヒキアジも観察できました。元浦では、キビナゴの群れがほぼ確実に見られ、これを追...
屋久島・海川ブログ

2000/7

水温27~28℃。透明度は15~30m前後。すっかり夏となり、海の中は多くの生き物達でにぎわっています。常連のギンガメアジを筆頭に、カンパチ、ロ ウニンアジ、ツムブリ、クロヒラアジなどの回遊魚の確認報告も多くなってきています。フリソデエビ、...
屋久島・海川ブログ

2000/6

水温も暖かくなり、平均して25~26℃くらいになっていました。しかしながら透明度は15~30mと安定せず、潜ってみないとわからない状況です。魚影 は濃く、原のギンガメアジ、カマス、ウミガメ、栗生のウメイロモドキ、テングハギモドキなど、魚群で...
タイトルとURLをコピーしました