気になる・・・。“海ネタじゃないけどね”

気になる・・・。“海ネタじゃないけどね”

昨日の話。

うちの子が「大きくてまっすぐな虹だあ!!」と大騒ぎしておりまして、「そんなに凄いんかい?」と外に出てみたら、

本当にものすごかったです(笑)

なんでも環水平アークというものだそうで、水平弧、水平環などというそうですが、こう書いちゃうと何とも味気ない気がしないでもない。

虹といえばまあ虹なわけで、個人的には「大きくてまっすぐな虹」のほうがイメージとしてすっきりな感じ。

いつもは近くて弧を描く虹に「おおっ!!」となっているわけですが、これはまた趣が違います。

いつもより遠くに見えるのに、ド~~ンと長くてでかいもんで迫力満点。

島じゅうで見られたみたいで、フェイスブックやらツイッターあたりで皆さん大絶賛。遅ればせながらわたくしも参加してみました。

環水平アーク(かんすいへいアーク、circumhorizon arc, circumhorizontal arc)とは、大気中の氷粒に、太陽光が屈折し、ほぼ水平な虹が見える光学現象である。虹などと同じ大気光象の一種で、水平弧水平環 とも呼ばれる。日本国内では年に数十回観測される。 (wikipediaより)

タイトルとURLをコピーしました