屋久島の海で、おじゃまむし

“おじゃまむし”っていつの単語だよ・・・。と自分でつっこんでおいてと・・・。

いやいや。写真を間違えたわけじゃありません。主役はカメでなく手前のピンボケの彼です

さんざん狙って「よっしゃ!」っていう貴重な一枚に限って意外と多いんですよ、こういう邪魔のはいりかた(これが「よっしゃ!」かどうかはともかくとして・・・)。シャッターが落ちる瞬間に、「ひょいっ」と飛び込んでくるんですね。

こうなった時の撮る側のご立腹もわからんではありませんが、「あ~~!まったくもう・・・」とばかり片付けないで、邪魔するほう気持ちも汲んであげませんか?

かなりしつこくこの邪魔者に纏わりつかれることは決して少なくありません。体当たりだって普通にされたりしてるんです。スーツの上からだと当たられてもわからないことも多いですし、そのまま素通りしていく方ばかりですが、私、この時期、裸足で活動することがほとんどなので、じかに体当たりされたり、噛付かれて痛い思いをすることもしばしばです。

でもね

彼らも彼らなりに事情があるわけで、必死に自分のテリトリーを守る健気な姿だったりするわけですよ。

自分の子孫を残すため、場所を守り、子を守り・・・。

そのために自分の何十倍何百倍もあろうかという巨大生物にブチカマシを食らわそうというその気概!!

わたくし、この必死な姿、結構好きです!

これからの暖かいシーズン中はいつでもそのブチカマシぶりに遭遇することができます。
あまりにも普通にいるので「雑魚」で片付けちゃう方もいらっしゃいますが、すこーしあたたかい目で見てあげてくださいよ!

彼らのココロの声。聞こえるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました