屋久島の海で、お手軽コンデジ一本勝負!

第5回 ~頑張れマクロ~

ついぞ小さいものを撮るときは、ついつい「ズームアップ!」をしてしまうのをよく見かけます。

されど、「あ~い~や~、ま~た~れ~ぇ~い!」

コンパクトデジカメの多くは、オプションのレンズなどを利用していなければ、ズームをかければかけるほど(マクロモードにしていても)最短撮影距離、つまり近寄って取れる距離までも長くなってしまうという特性がございます。

つまり、小さなものを大きく撮ろうとズームをかけると、どんどん離れなくちゃいけないと・・・。

「あれ???」

ちっこいものを撮るにあたって、この場合ズームって案外役に立ってないかも・・・。

おまけにピントも合いにくかったりすることもあったりなかったり。

水中ではいろんな要素から「キレイに撮るには近づいてなんぼ!」というのが成り立つと思います。

だったらワイド側でできるだけよったほうがマクロでも意外といけるんじゃない?

というわけで、ワイド側でめいっぱい寄って撮ってみました。

こちらのお客様は、このクリーナーたちに大変に好かれてございます。僕も大変にクリーナー受けするほうですが、その比ではございません。

「あたしって何でこんなにもてるかなあ???」と、まるで恋人を奪われたような気分の僕に言うので「僕よりも汚いんじゃない?」(笑)と、サービス業として信じられないほど失礼なコメントを返したところ、ほんの数秒ほどがっくりとへこんでおられました・・・。

あっという間に復活してましたけど・・・。

ちゃんちゃん。

タイトルとURLをコピーしました