屋久島の海で、珍しくテキストオンリー。

透視度25~30m超 水温28~30度

純然たる海洋情報はいったいいつ振りのことやら・・・。

とにかく本日の感動は伝えねばなるまいと、写真はありませんがアップすることといたしましょう。

3ダイブ目のビーチでのこと。

カメだツムブリだキンチャクガニだフリソデエビだ、群れに埋もれたり、ウミウシと見つめあったりといつものように楽しく潜っておりました。

結構「やったぜ!」的にガイドも終盤に差し掛かり、あとは戻ってエキジットするばかりという頃。

ちょいちょい気にかけておりましたアオリイカの仲間の卵を観察していたときのことです。

「ぴゅっ」と小さな赤ちゃんイカが卵から飛び出し始めたのです。

お客さんと一緒に水中で「お~~~~~~~~っ!」と絶叫しまくりです。

その素早さから、もはや写真はすっかりあきらめ、この瞬間を目に焼き付けるべくじ~~~っと見ている間にも、あっちで「ぴゅっ」、こっちで「ぴゅっ」、むこうで「ぴゅっ」。次から次へと小さな命の誕生が続きます。

「感動!!!」

この一言に尽きます

数十匹、いや、百匹くらいが卵から飛び出すのを見届け、このままではいつまでも見続けてしまいそうで当初のダイビング予定から大きく逸脱してしまいます。(すでにしてたんですけどね・・・)

後ろ髪を惹かれる思いで、幾度も幾度も振り返りつつ、その場所をあとにしました。

とにかくめでたい誕生をこれだけ間近でたくさん見ることができたのです。

もちろんすっかり帰るタイミングを逸して、予定外のロングダイブになってしまったことは言うまでもありません。

タイトルとURLをコピーしました