屋久島の海で、かきこみメシ。

テレビで大食いタレントのみなさんがあまり見られなくなった今日この頃。

それなのに、また、微妙に?流行に乗り遅れてすいませんネタです。

しかも「かきこみ」という言葉が果たして正しい使い方なのかどうか一抹の不安があったりしますが、僕の中ではこの言葉が一番しっくりくるのでそのままいかせてもらいます。

大食いタレントと呼ばれるみなさんは、それなりにうまそうに、そして大げさに食事を進めるという専門性の高い技術をお持ちです???
水中でも実はそんな食事風景を見せてくれる御仁がいらっしゃいます。

こちらさんはその箒のような手(見えます?)をこれでもかといわんばかりに大きく広げ、その周りに漂うプランクトン全てをかきこまんと、全力で食事にいそしんでおります。その思い切りのいい姿は、思いのほかあっさりとお目にかかれたりするのでこれもまたうれしい限り。

最後にはちゃんと諸手をしっかりと畳み収めて「ご馳走様でした!」と見えなくもないのが、これまたよろし・・・。

タイトルとURLをコピーしました