気になる・・・。「受難」

気になる・・・。「受難」

夏のトップシーズンとなるとどうしても代表的なポイントに人が集中してきます。

体験のメインポイントでも、ダイバーが増え、観光の情報に海遊びスポットとして紹介され、今年は例年より観光の方が少ないとはいえ、夏の日中には人がわんさか集まってきます。

そんな超賑やかなエントリー口にも毎年お馴染みに面々が来てくれます。

が、やはりそこはそれ。もともとはのんびりのどかな超浅場でしたが、交通量の激しい幹線道路並み(これは大袈裟か・・)に混雑するようになった今日この頃。

このお馴染みさんたちも、ダイバーの皆さんが「あ、いた!」なんてやられてから、ダイバーにけたぐられて巻き上がる姿もよく見かけてしまいます。

あっちのダイバーの進路をよけ、こっちの海水浴客の足をよけ、見ているこっちが大変に申し訳ない気持ちになっちゃいます。

と言うわけで、せめて生物の姿、影、存在を感じたらちょろっと優しく通り過ぎてあげてみましょうよと。

生物を見た後はちゃんとその場所をよけつつ去っていきましょう。

残念ですが、移住直後の閑散とした、そしてのどかな海は今の夏の海はもう幻ですね